ライブ配信かんたんガイド

イベント配信プラットフォーム「ULIZA EVENT STREAM」を利用したライブイベントの作成からライブ配信と見逃し配信までの一連の流れをシンプルなステップでご案内します。

Step ライブエンコーダーを準備する

「OBS Studio」や「Wirecast」などのライブエンコーダーと、ライブ映像/音声(例えばお手持ちのPCのWebカメラの映像とマイク音声、ビデオカメラからHDMIで出力される映像/音声信号など)を準備します。

Step ライブイベントを作成する

「IP Broadcaster (Cloud)」のタブを選択して「ライブイベントの管理」画面を開き、右上の「ライブイベントの作成」をクリックします。 ライブイベントの作成画面が開いたら、ライブイベント名を入力し、アーカイブ設定・ストリーム設定を確認して、画面右下の「保存」をクリックします。
アーカイブ設定…今回の例では「上書き登録する」を選択し、ライブ配信後の動画が自動で見逃し配信に切り替わる設定とします。
ストリーム設定…今回の例では、シングルビットレート(1000kbps)で配信します。

Step 視聴ページを準備する

「VMS (Cloud)」のタブを選択して、「コンテンツの管理」画面を開き、先ほど作成したライブイベントのコンテンツにマウスオーバーし、表示されたリンクのアイコンをクリックします。
視聴ページURL発行画面が開いたら、画面右下の「URL発行」をクリックし、発行されたURLをクリックして視聴ページを表示します。
今回の例では、ULIZAの視聴ページを利用したライブ配信を紹介していますが、お手持ちのWebサイトに動画プレイヤーを埋め込む場合には、リンクのアイコンの左にある「< >」のアイコンをクリックして、プレイヤータグを発行します。

Step ライブ配信を開始する

再び「IP Broadcaster (Cloud)」のタブを選択して、「ライブイベントの管理」画面を開き、先ほど作成したライブイベント名をクリックします。
ライブイベントの詳細画面が開いたら、右上の「ライブ配信の開始」をクリックし、上部のステータスバーの表示が「開始前」⇒「開始処理中」⇒「実行中」に変わったら、左下のRTMP URL/ストリームキーをライブエンコーダーに入力し、ライブ映像/音声の送出を開始します。
ライブ配信開始後、ライブイベントの詳細画面上でストリーム(今回は1000kbps)を選択するとプレビューが表示され、また、Stepで作成した視聴ページ上でライブ配信を視聴できます。

Step 見逃し配信を開始する

ライブエンコーダーの送出を停止し、ライブイベントの詳細画面右上の「ライブイベントの終了」をクリックすると、ライブイベントの終了ダイアログが表示され、右下の「終了」をクリックすると、アーカイブ作成処理(見逃し配信開始処理)が開始されます。
ライブ配信終了後、Stepで作成した視聴ページ上で見逃し配信を視聴できます。
※アーカイブ作成処理に数分程度時間がかかることがあります。

お問い合わせはこちら!

「手軽に短期間の動画配信を実施したい」
「既存のサービスに動画配信を導入したい」
「動画配信システムをリプレイスしたい」

お見積依頼や導入のご相談など、
こちらからお問い合わせください。
© PLAY, inc., All Rights Reserved.