動画コンテンツ運用サービス

「動画コンテンツ運用サービス」は、各種イベント会場などに専門スタッフが必要機材を持参し、インターネットライブ配信をサポートします。コンサートやスポーツ等のイベント、テレビ番組のサイマル放送、セミナー/講演会等のライブ配信が可能です。

特長

  • 回線手配/撮影/録音/その他、ライブ配信に必要な全てを代行します。
  • インターネット回線の敷設が困難な地域や船舶からのライブ配信も可能です。
  • 年間365日、深夜早朝問わずライブ配信したいタイミングに対応します。
  • ULIZA以外のYouTube Live/Facebook Live/LINE LIVE/ニコニコ生放送等への配信も行います。
  • 経験豊富な専門スタッフが対応し、安定したライブ配信をサポートします。

主な機能

撮影/録音

イベント会場などに専門スタッフがカメラ/マイク等のライブ配信に必要な機材を持参し、撮影/録音を行います。

ビデオスイッチング
/オーディオミキシング

複数映像のビデオスイッチングやテロップ/映像挿入/BGM差し替えを専用機材にて対応します。

ライブエンコーダー運用

配信現場に応じたライブエンコーダーにてライブ配信に最適な形式に変換します。

多元生中継

複数拠点をテレビ電話と同様に繋ぎ、拠点間で会話形式のライブ配信に対応します。
インターネット回線を利用することで、衛星中継よりも安価にライブ配信が可能です。

移動生中継

無線伝送装置を利用し、車両や船舶などで移動しながらのライブ配信が可能です。

配信回線手配

ライブ配信会場への配信回線敷設を行います。
通常は光回線の敷設となりますが、光回線の敷設が困難な場合には
専用の無線伝送装置を利用してライブ配信を行います。

サービスの流れ

  • お問い合わせ

    まずはお気軽に
    お問い合わせください。

  • 弊社からご連絡

    弊社担当者から、折り返しご連絡いたします。

  • お打ち合わせ

    詳細についてお打ち合わせいたします。

  • お見積もり

    弊社からお見積もりを提出いたします。

  • ご検討・導入

    お見積もりをご検討いただき、ご決定ください。