ライブ配信もULIZAでワンストップサービス!
ライブストリーミング機能

「ライブ配信やりたい」と言われたら即対応!『ULIZA』のライブ配信ソリューション


ライブ対応型プレーヤ

タグを貼るだけで動画配信が可能なULIZAの利便性を生かし、同様の実装フローでライブ配信を実現します。
ライブ機能はマルチデバイスで実施可能、もちろんワンタグも対応しており、運用面においても便利な機能と評価を頂いております。


既存型のライブエンコーダを利用したライブだけでなく、
クラウド型ライブ配信も実現可能

ライブストリーミングには2種類の実現方法を用意しております。

・無変換型配信

ライブエンコードアプライアンスからのライブストリームソースを受けて、そのまま配信/再生を実施するパターン。
放送設備から出力されるサイマル放送型配信や高画質ライブ配信等に向いております。 ※ライブエンコーダアプライアンスはインテグレーション/機器販売を承っております。
»詳しくはこちら

・マルチデバイス変換型配信(IP BroadCaster機能を利用したクラウド型ライブ配信)

ライブストリームソースはPC等のライブエンコーダから出力され、コンテナ変換/セグメント化等の処理をリアルタイム処理し、PC向けのみのライブストリームを自動的にマルチデバイス対応のライブストリームに変換して配信します。


日本初!VODファイルやライブストリーミングを利用した生放送システム、
編成配信機能

ULIZAはライブ配信が出来るだけではありません。生放送を編成する機能が搭載されており、その編成する番組は、VOD用のファイルやライブストリーミングソースを利用して実施可能です。この機能により、生放送の合間にVODで生成したファイルを番組として挿入したり、生放送とその再放送を繰り返しライブ配信するなど、用途が無限に広がります。また、VODサイトでは、有料課金に引きこむための、無料チャンネルとして生配信を利用する等、新しいアイデアも生まれてきています。
※吉本興業様「YNN」のトップページから当機能を利用した映像をご覧いただけます。


ライブを課金、
タグを貼るだけでできるのはULIZAだけ!

ULIZA VMS/FleXは簡単にタグを貼るだけで課金できる「FleX Payment」という機能を搭載。VODだけでなくライブへの対応も可能で、ライブイベントの入場料徴収等が、動画配信プラットフォームだけで実現でき、お客様側では、HTMLページを用意するだけで実現できます。