• Home
  • » 過去のニュース一覧

過去のニュース一覧

2009

2009.07.31

スキルアップジャパン、ソフトバンク・ペイメント・サービスと業務提携
PaaS型動画配信プラットフォーム「ULIZA」に、コンテンツ課金機能を搭載

スキルアップジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:坂野 哲平、以下SUJ)と、ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:阿多 親市、以下SBPS)は、本日、業務提携契約を締結し、SUJが提供する PaaS型動画配信プラットフォーム「ULIZA」に、SBPSが提供している「決済サービス」機能を搭載いたします。 この業務提携により、「ULIZA」を導入いただく場合、SBPSの「決済サービス」を同時にご利用いただくことが可能になります。導入企業様は、決済に関わる煩雑な業務の負担を軽減できますので、人的コスト削減や業務の効率化が図れます。また、お客様にとっても、信頼性の高い安全な決済サービスを利用することが可能となります。

■コンテンツ課金システムを簡単に導入可能
「ULIZA」は動画配信プラットフォームとして、アドビシステムズ社のFlashをベースとしたブラウザ組み込み型のプレーヤー機能を搭載しており、数行のプログラムソースをコピー&ペーストするだけで導入が可能なシステムとなっております。今回の「決済サービス」は、このプレーヤー機能に会員登録/課金システムを搭載するもので、通常導入に多大な費用のかかる会員管理/課金システムを、導入企業様が独自で導入されるよりも安価に素早くご利用いただけます。

■信頼性と利便性の高い決済サービス
SBPSの決済サービスは、ソフトバンクグループでの多くの実績と信頼を活かし、大規模トランザクションを処理する安定した決済サービスを提供しております。
当初は、クレジットカード決済での導入となりますが、今後は、電子マネーや携帯キャリア決済などの連携も検討し、より利便性の高いサービスを提供いたします。

<決済サービスの概要>
・課金方式
コンテンツ視聴毎に課金するPPV課金方式と、毎月定額で課金する会員課金方式の2種類選択可能
・利用決済手段
クレジットカード決済(今後は電子マネー決済、携帯キャリア決済など追加予定)
・会員登録機能会員登録/変更/退会の処理が可能

■ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社 概要

会社名ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社
所在地東京都港区東新橋1丁目9番1号 東京汐留ビルディング8階
代表者代表取締役社長 阿多 親市
URLhttp://www.sbpayment.jp/
事業内容 決済代行サービス
集金代行及び企業の計算事務代行
情報・システム提供サービス
市場調査及び経営に関するコンサルティング
2009.07.10

「ULIZA」がマルチデバイス(PC・携帯)視聴を実現
〜いつでもどこでも、好きなデバイスで動画配信を続けて視聴〜

スキルアップジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:坂野 哲平、以下SUJ)は、 PaaS型動画配信プラットフォーム「ULIZA」に携帯配信機能を搭載いたしました。これにより、視聴者が好きなデバイス(PC・携帯)で、動画配信を 「いつでもどこでも」視聴途中から中断せずに続きを見ることを可能とします。

■「いつでもどこでも」を実現する“Play Anywhere”機能搭載
ULIZAは、既にPCでの動画配信機能を発表しておりますが、今回の携帯での動画配信機能においては、デバイス(PC・携帯)やストリーミングファイルを変更しても、別のデバイスやファイルから続けてストリーミングビデオを再生できる“Play Anywhere”機能を搭載しました。これにより、家庭のPCで見ていたビデオを、通勤電車など外出先で、PCで止めたところから携帯で「いつでもどこでも」再生することが可能となり、ユーザーの利便性が飛躍的に向上できます。

■ULIZAならではの高画質へのこだわり
今回、携帯での動画配信はJavaアプリケーションを利用して構築しているため、放映時間の長いコンテンツにも対応できます。さらに、開発パートナーである株式会社イーフロー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:眞壁 幸一)との技術提携により、一般的な動画圧縮Motion JPEG方式を使用せず、ULIZAでは独自の圧縮方式、データ配信方式を採用し、不安定な携帯電話回線であっても、滑らかで高画質な映像配信を実現します。

■ULIZAならではの配信準備作業の自動処理
ULIZA PC版と同様に、SUJで独自開発した遠隔地操作自動エンコーダ「En-cluster」に対応しており、携帯動画配信での配信準備作業も効率的に運用できます。

2009.06.12

「「ULIZA」が動画配信サービス「フジテレビ On Demand」に採用されました。
〜マルチプラットフォーム対応、鮮明な動画画質を提供〜

スキルアップジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:坂野 哲平、以下SUJ)は、株式会社フジテレビジョン(本社:東京都港区、代表取締役社長:豊田 皓、以下 フジテレビ)が運営する動画配信サービス「フジテレビ On Demand」において、PaaS型動画配信プラットフォーム「ULIZA」が採用されたことを発表いたします。

「フジテレビ On Demand」は、地上波のゴールデン・プライム帯のドラマやバラエティを中心にフジテレビの番組・映像コンテンツを、インターネットで視聴できる動画配 信サービスで、SUJは、昨年の当サイトのリニューアルオープン時より、著作権保護動画配信ソリューションをベースにしたWMV(Windows Media Video)配信によるシステム開発技術を提供してまいりました。

今回、SUJが独自開発した「ULIZA」を利用することで、アドビシステムズ社の最新動画配信システム 「Flash Media Server3」をベースとしたFlash動画配信を可能とし、ブラウザやOSといった利用環境に依存しないマルチプラットフォームへ対応し、高圧縮技術 「H.264/MPEG−4 AVC」形式での配信を可能とします。また、「ULIZA」独自のエンコード処理技術により、2.0Mbpsの低ビットレートで高画質配信(解像度 縦 1280×横720ピクセル/16:9)を可能とします。 さらに、「ULIZA」独自の認証方式により、一層強固な著作権保護のセキュリティレベルを確保します。

「ULIZA」の導入により、「フジテレビ On Demand」の視聴者に対してはより鮮明な動画画質を提供し、フジテレビに対しては利用者数の拡大に貢献します。
SUJは今後、「フジテレビ On Demand」での採用を導入実績とし、「ULIZA」の新たな顧客獲得を狙います。

2009.04.16

本初 Flashによる高画質配信と運用の自動化を実現する
PaaS型動画配信プラットフォームサービス ULIZA(ウリザ) 4月16日販売開始

スキルアップジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:坂野 哲平、以下SUJ)は、本日4月16日より、PaaS(※1)型動画配信プラットフォームサービスULIZA(ウリザ)Video Management Suite(以下、ULIZA(ウリザ))の販売を開始します。
ULIZA(ウリザ)は、簡単に高画質配信を導入・運用できるため、導入企業にとって、ビジネスモデルの強化や運用面などのコスト削減が期待できます。また、他のPaaS・SaaS事業者とも連携が可能で、様々なサービスの拡大を容易に実現することができます。メディア企業・コンテンツ企業をはじめ、一般企業にも販売展開をする予定です。

■ ULIZA(ウリザ)開発背景
ネットでの動画配信需要が高まる中、テレビ局をはじめとした様々なコンテンツホルダ・コンテンツプロバイダが動画配信ビジネスを展開しております。一方、動画配信業界ではパソコン・携帯電話だけでなく、ゲーム機などマルチデバイスへの配信・高画質への対応による配信負荷増大・インフラコスト増加、無料配信要望の高まりによるマネタイズ化が課題として挙げられております。

SUJは2001年より映像配信関連システムだけでなく、映像関連メタ情報、サイト運用まで含めたサービスを実施しております。ULIZA(ウリザ)は、これまでのSUJのノウハウを元に、現在の動画配信業界の課題を解決し、ビジネスモデルの強度アップと業務効率化を同時に実現できるビジネスプラットフォームとして開発をいたしました。