• Home
  • » 過去のメールマガジン

過去のメールマガジン

タダほど怖いモノは無い!YouTubeを使ってはいけない理由
【ULIZA News Mail - vol.4】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ULIZA News Mail【vol.4】平成23年11月24日号
http://uliza.jp/mail/20111124/top.html

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

肌寒くなってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
風邪を引かぬよう努力している、スキルアップ・ビデオテクノロジーズ・動画配信広報局です。

今回も皆様にお役に立つ、動画関連情報をご提供していきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎本日のTOPICS
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 動画業界通信〜役立つニュースピックアップ
  └→ソニーは、テレビの新しい形を作りたがっている

[2] ULIZA担当者リレーコラム
  └→動画マーケティングでYouTubeを使ってはいけない理由

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1]動画業界通信〜役立つニュースピックアップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎ソニーは、テレビの新しい形を作りたがっている
http://uliza.jp/mail/20111124/t1_news.html

世の中のテレビはどう進化するのか?
動画配信事業者の間では、やはりテレビでの視聴は有効であり、
日本でもIPTVやアクトビラの売上が伸びており、Gyaoもテレビ事業に
力を入れているとの話を聞きます。

では、メーカーの方はどうだろうか?
スマートTVなる言葉が春先から踊っていますが、実際は各社それぞれの仕様で進んでいます。
アメリカではサムソンが独自アプリを開発可能なオープン化を進めていますし、
日本でも「ビエラコネクト」など、パナソニックも話題作りに腐心しています。

ちなみに、テレビにアプリを入れるのはそれほど新しい話では無く、ソニーでは
「アプリキャスト」を2008年からSDK公開するなど、古くから取り組んでいます。
そのソニーが、テレビをどうしていくのか?

アップルのスティーブ・ジョブズ氏は先5年の製品戦略を残してこの世を去りました。
TV向けにも何かあると噂される中、ソニーは明確な対立軸としてGoogleTVなどを
取り組んできました。

ニュースの中身は大したことは書いてありません(!)が、今後のテレビに関
しては、新しいデバイスとしての発明、他デバイスとの連携による新たな体験の
二通りが存在し、それを見守って行かなければならないでしょう。
動画配信事業者の間では、やはりテレビでの視聴は有効であり、
日本でもIPTVやアクトビラの売上が伸びており、Gyaoもテレビ事業に
力を入れているとの話を聞きます。

では、メーカーの方はどうだろうか?
スマートTVなる言葉が春先から踊っていますが、実際は各社それぞれの仕様で進んでいます。
アメリカではサムソンが独自アプリを開発可能なオープン化を進めていますし、
日本でも「ビエラコネクト」など、パナソニックも話題作りに腐心しています。

ちなみに、テレビにアプリを入れるのはそれほど新しい話では無く、ソニーでは
「アプリキャスト」を2008年からSDK公開するなど、古くから取り組んでいます。
そのソニーが、テレビをどうしていくのか?

アップルのスティーブ・ジョブズ氏は先5年の製品戦略を残してこの世を去りました。
TV向けにも何かあると噂される中、ソニーは明確な対立軸としてGoogleTVなどを
取り組んできました。

ニュースの中身は大したことは書いてありません(!)が、今後のテレビに関
しては、新しいデバイスとしての発明、他デバイスとの連携による新たな体験の
二通りが存在し、それを見守って行かなければならないでしょう。

---[PR]------------------------------------------------------------
『ULIZA Media Professional』
PlayReady(R)を搭載したULIZAのハイエンドシステム登場!
http://uliza.jp/mail/20111124/t1_news_PR.html
システムインテグレーションのご相談も、無料にて!
---[PR]------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] ULIZA担当者リレーコラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎動画マーケティングでYouTubeを使ってはいけない理由
(筆:営業担当B)

アメリカではこんな記事が・・・
http://uliza.jp/mail/20111124/t2_article.html

企業での動画利用においては、やはり、YouTubeへ誘導されてしまうことや、
広告掲出がされてしまうことに対する懸念があるようです。
弊社も様々な営業現場を回っておりますが、そんなデメリットを知りながらも、
タダということで使っていらっしゃる企業様が数多くおります。

先日の現場での会話ですが・・・

営業B「今リスティングで一人誘導するのにいくら払ってますか?」
お客様「○◯円くらいかなー、競合するキーワードって高いのよね・・・」
営業B「ところでトップページに誘導したらYouTubeの動画が貼られてますが、
    これをさっきClickしたら、YouTubeへ飛んじゃいましたよ」
お客様「・・・・」
営業B「○◯円かけてトップへ呼び込んだら、他のページも見てもらいたいです
    よね?動画って意外とクリックされる場所なので、かなりの数を
    YouTubeへ送客してると思いますよ」
お客様「あら、それはもったいない!調べてみるわ」

お客様に早速お調べ頂いたところ、やはりトップページから逃げている形跡が
高いとすぐにご相談を頂き、私から下記の点をご説明いたしました。

1)動画はクリック率の高いエリアである
  動画内バナーは他のバナーの6倍以上クリックされます(弊社実績)。

2)動画のクリック率を利用して、確実に誘導したいページへ
  誘導したいページは一つでは無いはず!お問い合わせや商品紹介、メルマガ
  登録等、様々なニーズに答えるべきです。

3)最近流行りのスマートフォンでも同様に動画からサイトへの導線を引く
  スマートフォンからの売上を爆発的にし、どんなデバイスからでも商品
  に辿り着かせる必要があります。

その場で『ULIZA FleX』をお申し込み頂きました。
決めては簡単!

・Click-to-go機能で動画上から複数のページへ顧客を誘導
・マルチデバイス対応、スマートフォンでClick-to-go!
・Facebookにも貼れるプレイヤーで口コミを拡散、拡散先から確実に
 自社ページへClick-to-go!

さあ、これはYouTubeではできないでしょ?というお話しでした。

◆ULIZA FleXでECの売上アップ!
http://uliza.jp/mail/20111124/t2_LP.html